トップ 活動案内 料理教室レッスン&料理家インタビュー
料理教室レッスン&料理家インタビュー
メールで教える
 
 
2012.06.02
『FOOD and LIFE』

北山彩子TOP教室名入り

今回は、ファッショナブルな街並みや住環境の良さから人気の高い街“自由が丘”にあります薬膳料理教室『FOOD and LIFE』にお伺いしました。主宰されるのは、北山彩子先生です。

 

早速、レッスンに参加してみました。
本日は「応用1年目コース」の生徒さんで、テーマは“めまい”です。「応用コース」は、具体的な症状に対して薬膳から原因を考えていくコースです。
まずは、お茶を飲みながら1時間程テーマにそって薬膳の講義を受講します。
お茶はその日のテーマや季節、お越しくださる方の体質を考慮しています。
今日は、2種類のお茶が用意されています。紫外線が気になるので、その対策に、ハイビスカスとローズヒップを合わせたもの。ストレス対策で、ジャスミン茶にマイカイカ(赤いバラのつぼみ)を合わせたリラックス茶です。

先生:「今月のテーマは“めまい”ですね。めまいはと聞くと、一般的には貧血や血液不足や虚弱体質と思われるのですが、薬膳から考えると、さまざまなことが原因でめまいを引き起こすと考えます。簡単には4つに分類され、今日はそれぞれを紹介します。
①ストレスやイライラを感じやすかったり、辛い物が好きな方のめまいタイプ
②血液不足が原因となってめまいがおこるタイプ
③働きすぎや、足腰のだるさ、痛さ、冷えなどを伴ってめまいがおこるタイプ
④むくみやすく、重だるいなど水の代謝が悪さが伴ってめまいがおこるタイプ

食材紹介や注意点など一通りご紹介が終了するとレシピの説明をして、実習に入ります。

 

――――本日のレッスンメニューは…

 

『テーマ:めまいの薬膳』

  • セロリと松の実のさっぱりサラダ
  • もち米の飲茶
  • えびにら山芋餃子
  • とうもろこしのゼリー

先生:「 今日の『セロリと松の実のさっぱりサラダ』のセロリは、ストレスがたまった時やイライラがおさまらないときにもお勧めの食材です。松の実は、体を潤し、肌にも潤いを与え美肌にもよいですよ。」
生徒さん:「めまいがなくても、イライラするときにもこのサラダを作るといいんですね?」
先生:「はい、是非召し上がってみてください!沢山我慢しているときにもお勧めですよ(笑)」

先生:「とうもろこしのゼリーで使うとうもろこしは、とうもろこし自体も大切ですが、薬膳では、ひげの方が大よく使われます。ひげが、水の代謝をあげ、むくみによいと言われます。ひげは捨てずに、みじん切りにして炒めたり、炒るととうもろこしの香りが増して、サラダのトッピングなどにも良いですよ。」

北山先生は、ナチュラルで優しい笑顔が印象的な先生。季節や体質に合わせての食材の使いわけ方など、丁寧に説明して下さるのでとても分かりやすいですね。身近な食材でも作れる薬膳料理なので、日常にも取り入れることができて勉強になります。
応用コースの生徒さんだけあり、手際良く実習も進み、あっという間に4品完成です。

レッスン終了後に先生にお話しを伺ってみました。

 

――料理教室の先生になったきっかけを教えてください。

 

先生:幼い頃から“食”が大好きな家庭に育ちました。
母は昔ながらの煮ものや炊き込みご飯といった家庭料理や子供が喜び体に優しい料理を作り、下ごしらえや料理のマナーなどを教えてくれました。日曜日には父が腕をふるって料理してくれたり、家族で食事に出かけたり、そんな家庭環境から人一倍食への興味が強くなったのかもしれません。
高校時代に家庭科で学んだ栄養学に深く興味を持ち、これまで食べてきたものと健康が結びつき、この頃から「食と健康」を意識するようになりました。
社会人になって、残業やストレスで体を壊し入退院を繰り返す際に、日々の食生活がとても大切だという事を身をもって経験し、「食と健康」への意識がさらに強くなりました。
この頃から、人生の考え直しをはじめ『食』の業界へシフト。インドスパイス料理研究家の元で修業し、同様に「食」で健康と美を保つ薬膳料理に魅せられ、医食同源の食事法を究めるべく国立北京中医薬大学日本校で学びました。
料理教室を始めたきっかけは、友人から薬膳について教えて欲しいとオファーがきたことから。この頃から自分でホームページを立ち上げ2006年から本格的にスタートしました。

 

――どちらかの料理の学校などで、学ばれた経験、または資格などはございますか?

 

先生:薬膳料理研究家、薬膳コーディネーター、国際中医師、国際中医薬膳師、中医薬膳師、スパイスコーディネーターマスター(スパイスコーディネーター協会認定資格)。
学習院女子短期大学 家庭生活学科I類(食物専攻)卒業。
多忙な会社生活の中で食の大切さを認識し、薬膳料理に興味を持ち始める。
医食同源の食事法を究めるべく、国立北京中医薬大学日本校で学ぶ。
中医中薬専攻科卒業。
現在は、同校薬膳臨床研究科2年所属。   
著書に「まいにちの薬膳 身近な食材で簡単にできる!」アスペクト発行。

 

――教室の特長を教えていただけますか?

 

先生:少人数制、女性限定のアットホームな教室です。
薬膳料理は、中医学の考えをもとに体質や体調や季節に合った食材を選び作られるお料理のことです。
その体質や体調や季節や美容について、毎月のテーマにし、お勉強頂ける教室です。
薬っぽいというイメージの薬膳料理を、身近な食材で、簡単にできる薬膳料理を提案しています。
当教室には、現在3コースあります。
①薬膳基本コース(料理教室)
②薬膳応用コース(料理教室)
③薬膳理論コース(薬膳のベースとなる中医学について深く勉強をします。)

 

――レッスンの構成なども教えていただけますか?

 

◆『薬膳基本コース』
中医学を簡単にわかりやすくご説明しながら、毎月のテーマにそってレッスンさせて頂いております。
基本コースのテーマでは、主に2つのテーマになります
1つ目は、中医学からみた季節の薬膳(季節ごとに快適に過ごすための薬膳ポイントなど)、
2つ目は、中医学からみた代表的な体質の薬膳
その他に中医学からみた風邪などをレッスンします。
5,000円(税込)/1レッスン *前払い制(レッスン前までにお振込またはお教室にてお支払いになります)
定員:8名程度
所要時間:3時間半

◆『薬膳応用コース』
応用クラスでは、日々の暮らしの中でのちょっとした悩みをテーマにし、全てのテーマに対して、中医学の「体質から原因を探る」という考えを基に勉強していただくクラスとなります。
薬膳基礎コースでご紹介できなかった体質の薬膳テーマ2つ、痰湿の薬膳、陽虚の薬膳が含まれます。
入会金10,000円
レッスン代5,000円(税込)/1レッスン (3回分ご一括・お教室にてお支払頂いております)
定員:8名程度
所要時間:3時間半

◆『薬膳理論コース』
「もっと中医学や薬膳の知識を深めたい!」など、次のステップを目指したい方のためのコースです。
講義が中心で、本格的に中医学や薬膳を深くお勉強いただくコースです。
ご入会金:10,000円(薬膳応用コースをご受講いただいていない方のみ)
月1回コース 月or日 (午後)
月2回コース 月(午前中)
定員:7名
所要時間
月1回コース:5時間/1回
月2回コース:2.5時間/1回

 

――レッスンの雰囲気や、参加されている方のことをお聞かせいただけますか?

 

先生:女性限定で開催させていただいております。年齢層は10代~80代と幅広くお越しくださっています。お友達同士でご参加いただくこともありますが、ほとんどの方が最初はお一人様でご参加くださっています。アットホームな雰囲気で、ご質問頂きやすい環境を務めています。レッスンは明るく、笑い声が絶えないことが多いです。

 

――初めての方がレッスンに参加するには、どのようにしたらよいですか?

 

先生:薬膳基本コースが1年コースですが、1回毎の単発レッスンとなりますので、お好きな月から1回ずつご参加頂けます。
お申込みについては、ホームページからメールでお問い合わせ下さい。こちらからお申込書をメールにてお送りさせて頂きます。

 

――教室をやっていてうれしいな、良かったと感じたことはございますか?

 

先生:お教室を開催することで、沢山の皆様との出会いに心から感謝しております。
そして、この仕事で働き続けていることが嬉しく、そして好きなことだと実感しています。

 

――先生の趣味を教えてください。

 

先生:好きなことを仕事にしたので、どうしても食器やキッチン用品などのお店巡りが楽しいです。なかなかできませんが、リフレッシュで、温泉や自然が多いところへの旅行も好きです。

 

――先生の今後の抱負をお聞かせ下さい。

 

先生:薬膳料理をもっと身近に簡単に楽しんで頂けるよう活動し続けていきたいと思っています。薬膳基本コースや薬膳応用コース、薬膳理論コースを楽しくわかりやすいコースにし続けることや、薬膳イタリア料理教室や薬膳と気功をコラボレーションしたり、漢方薬の簡単講座など、様々な形で薬膳料理を皆様に楽しんでいただきたいと思っております。

 

――最後に、当日、レッスンに参加の生徒さんからお話をお聞かせ頂きました。

 

生徒Aさん:薬膳を学び始めて、体調管理ができるようになりました。体と心は一体ということを学び、心の安定を大事にするようになり、落ち込んだ時の対処法など、とにかく学ぶことが多いんです。毎日の生活に取り入れていきたいですね。

生徒Bさん:薬膳というと難しい感じがしますが、先生は明るく優しく教えて下さるので、とても楽しく学べることができて、日常でもとても役立っています。薬膳料理もとても美味しくて、体調がだんだん変化してくるのが分かるんです。

中医学の考えに基づいて体質を見極め、体に合った食材で作る薬膳料理。なんとなく難しそうに感じる内容も、北山先生は、出来る限り分かりやすく丁寧に薬膳のお話をして下さいます。
スーパーで手に入る食材でのレシピなので、家庭でも取り入れ易い薬膳料理ですね。「健康と美しさ」を保つヒントを学べる女性には嬉しく、美味しく、体も喜ぶ料理教室です。
北山先生、生徒の皆様、本日はありがとうございました。

北山彩子 顔157×105
北山彩子 1
北山彩子 2
北山彩子 3
北山彩子 4
北山彩子 5
北山彩子 6
北山彩子 7
北山彩子 8
北山彩子 9
北山彩子 10
 

 

東京都目黒区の料理教室『FOOD and LIFE』

中医学の考えに触れて、薬膳料理を楽しく学ぶ。
『FOOD and LIFE』では、スーパーで手に入る食材を用いて、季節や体質に合わせて家庭でもできる美味しい薬膳料理を提案。心も体も元気になれる女性限定の料理教室です。

  • 主宰者:北山彩子先生
  • ジャンル:おもてなし、マクロビオティック・薬膳慮理、家庭料理、和食、お菓子
  • 所在地:東京都目黒区自由が丘
  • 最寄り駅:東急東横線『自由が丘』駅 徒歩5分
  •  
 
 

キッチンライフであなたの料理家としての活動、教室・ブログ・レシピを紹介しませんか?

使い方に困ったらこちら!!

メールマガジン

コンタクト

広告問い合わせ

和麦Cooking教室リレー

ヤマサ×キッチンライフ

プロ向けレシピ検索サイト

料理教室ランキング

家庭料理、おもてなし料理、ベーシック料理クラス、 天然酵母パンクラス、スイーツク......

教室拠点: 山梨県 甲府市

Japanese cooking class for foreigners in......

教室拠点: 東京都 中央区

大分市内の小さなキッチンで、アイデアいっぱいの家庭料理を月替わりのメニューで教え......

教室拠点: 大分県 大分市


開催中/開催予定イベント