明治おいしい牛乳と相性ピッタリ!春にんじんと新じゃがのポタージュ&ボップオーバー

  • サイドディッシュ:かぼちゃとアボガドのサラダ とろとろスクランブルエッグ
  • サイドディッシュ:イチゴのフローズンヨーグルト
服部 カンナ先生が提案する「明治おいしい牛乳」と相性ピッタリのメニューはこちら!
レシピを見る
服部 カンナ先生
服部 カンナ Maison OCTOBRE

小さいころから料理やお菓子を作ることが大好きで、ベターホーム、今田美奈子お菓子教室、川上文代料理教室ほか色々な教室で勉強しました。
1998年10月ル・コルドンブルー代官山校入学。1999年9月に菓子ディプロム取得。
辻調理学校西洋料理コース通信クラス 2011.3 修了。
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ。

教室レッスン風景

1:「明治おいしい牛乳」を使った調理風景

異国情緒あふれる長崎で『Maison Octobre』を主宰する服部カンナ先生のお教室にお邪魔しました。日差しが差し込む教室は長崎の街が一望できる心地良い空間。
桃の風味のウエルカムティーを飲んでゆっくりリラックスしたら本日のレッスンスタートです。

本日のメニューは「明治おいしい牛乳」を使用した『春にんじんと新じゃがのポタージュ』『ポップオーバー』を含む以下の5品を作っていきます。

・ポップオーバー
・春にんじんと新じゃがのポタージュ
・かぼちゃとアボカドのサラダ
・とろとろスクランブルエッグ
・イチゴのフローズンヨーグルト

まずはポップオーバーから、本日の生徒さんはポップオーバー初挑戦の方ばかり、出来上がりが楽しみです。

メニュー1
「ボップオーバー」

近年日本でも人気のポップオーバーですが、『シューのような生地はお菓子としても、食事としても美味しく食べられるのでとても便利、子供のお弁当に持たせても楽しんで食べてもらえますよ』と先生。材料は薄力粉、塩、卵、砂糖、牛乳、バターといつも家に常備している材料で簡単に作れます。

ポップオーバー作りの大事なポイントの1つは温度、250℃でしっかり余熱をすること。余熱が十分でなく温度が低い場合、水分が蒸発しきれずキレイに膨らまないそうです。
また、『薄力粉は必ずふるうこと、ちゃんと振るわないとダマになってしまいます。ただもしダマが出来てもあきらめないで!生地がトロッとなってくるとダマも崩れてくるのであきらめず頑張って混ぜてくださいね!』と先生
本来はバターを使いますがオリーブオイル、ココナッツオイルでも代用は可能、ただバターは少ない分量でも風味を感じられ美味しくできるのでお薦めとの事。
全て材料をまぜ、最後に「明治おいしい牛乳」を加え生地の完成。

早速、型に流し込んでいきます。型はシリコンや紙のカップ、アルミと色々ありますが本日はアルミのプリンカップを使用していきます。色々試した結果、アルミの型が一番熱伝導率も良き形も安定してキレイに出来るそうです。先生のプリンカップには小学2年生の時から愛用のピンクとグリーンのかわいらしいカップも交じっています。その時から先生の食いしん坊ヒストリーは始まっているとの事。子供のころからずっと大切に使い続けている道具があるなんて素敵ですね。

メニュー2
「春にんじんと新じゃがのポタージュ」

ポップオーバーをオーブンに入れたら、次は『春にんじんと新じゃがのポタージュ』に取り掛かります。まだまだ寒い日が続きますが、春がすぐそこまで来ていると感じられる春野菜のメニュー、本日は地元長崎産のじゃが芋と九州産のお野菜を使って作っていきます。野菜ソムリエでもある服部先生は野菜の選び方、使い方にも精通しています。
実は先生は横浜出身で長崎在住は14年目。
『九州はとても野菜が新鮮でおいしいですよ!』と先生、他県から来た先生だからこそ、長崎・九州の食材の美味しさ素晴らしさを実感し、旬の野菜の栄養と美味しさを最大限味わえるレシピを教えてくれます。
お料理初心者の方でのわかり易いように野菜の切り方や皮の向き方まで丁寧にレクチャー、その後生徒の皆さんで手分けをして作業をしていきます。

今日作るポタージュは春野菜と「明治おいしい牛乳」だけで作るシンプルでやさしいスープ。
先生曰くおいしい野菜をちゃんと手間をかけ丁寧に料理してあげると野菜の甘味や美味しさを十分に感じられるそうです。ポタージュというと、ついつい、ブイヨンや生クリーム等を入れてしまいがちですが、今日はどちらも不要!最後に味を調える程度に塩を加えるだけで野菜の本来の甘味、牛乳コクを生かした美味しいポタージュが出来上がります。

メニュー3
「イチゴのフローズンヨーグルト

ポタージュを作っている間にデザートの『イチゴのフローズンヨーグルト』を作っていきます。『今はイチゴが美味しい季節なのでイチゴを使っていきますが、バナナ、桃、ベリー系や冷凍のマンゴーなんかでも美味しく出来ます』と先生。
材料はフルーツの他にヨーグルト、生クリーム、砂糖だけ、とってもシンプルで簡単!いろんなフルーツで試したくなりますね。

ヨーグルトは水切りするとホエーの酸味と水分を取り除け、砂糖をたくさん入れる必要もなく、固くなりすぎずアイスクリームみたいに美味しく仕上がります。ただ、水切りをする時間が無い場合は、砂糖を少し多めに入れて甘さを調整したり、冷凍中に何度か空気を入れて混ぜていくことで硬くなるのを防げます。

メニュー4
「かぼちゃとアボガドのサラダ」

次は『かぼちゃとアボカドのサラダ』こちらのサラダにはさつま芋も入っていて栄養も満点!『この3種の野菜はクリーミーな食感という共通点がありますが、それぞれ個性のある野菜なので全部入れた方が美味しく仕上がりますよ。』との事。先生のお教室では野菜の個性をうまく組み合わせたり、引き出したりしながら美味しく、旬の栄養が取れる調理法を教えてくれるので話を聞いているだけでもとても勉強になります。

今日使用するさつま芋は大分県産のカンタ君という新種のさつま芋。『どこで買えますか?』と生徒さん。先生の教室では美味しい地元の食材を使用しているので生徒さんからも食材の選び方、扱い方の質問も多いのですが、先生が丁寧に答えて下さいます。

丁度、サラダに作りに入ったところで、先ほどのポップオーバーが焼き上がりました。オーブンを開けると教室中に香ばしい美味しそうな香りが広がっていきます。生徒さんからも『わー、すごい!』『かわいい!』『おいしそう!』と歓声が上がります。

キノコのような形にキレイに膨らみ、大成功!まだレッスンの途中ですが、焼きたてを皆で少しずつ試食していきます、『パリパリ、モチモチ!』『おいしい~!』と生徒さんも大喜び。
『生地のココアやベリーを混ぜてアレンジすることも可能ですが、やっぱりプレーンが一番おいしい!』『アレンジをするなら、トッピングを色々楽しむ方が楽しいし、美味しいですよ。』と先生。

試食が一息ついたところで、サラダの仕上げに。仕上げはマヨネーズ、生クリームを加えて混ぜ、味付けは塩コショウとシンプル最後にクルミやアーモンド等のナッツとハーブを加えてサッと混ぜると出来上がり。
ナッツもハーブも何種類がミックスしたほうが味に深みで出て美味しく仕上がるそうです。

キノコのような形にキレイに膨らみ、大成功!まだレッスンの途中ですが、焼きたてを皆で少しずつ試食していきます、『パリパリ、モチモチ!』『おいしい~!』と生徒さんも大喜び。
『生地のココアやベリーを混ぜてアレンジすることも可能ですが、やっぱりプレーンが一番おいしい!』『アレンジをするなら、トッピングを色々楽しむ方が楽しいし、美味しいですよ。』と先生。

試食が一息ついたところで、サラダの仕上げに。仕上げはマヨネーズ、生クリームを加えて混ぜ、味付けは塩コショウとシンプル最後にクルミやアーモンド等のナッツとハーブを加えてサッと混ぜると出来上がり。
ナッツもハーブも何種類がミックスしたほうが味に深みで出て美味しく仕上がるそうです。

メニュー5
「とろとろスクランブルエッグ」

盛り付けの前に最後の1品『とろとろスクランブルエッグ』を作っていきます。
材料はとってもシンプルで卵、生クリーム、バターのみ。卵の甘味を感じてもらいたいと いう事でお塩は入れません。
卵と生クリームをしっかり混ぜて、アツアツのフライパンに流しいれていきます。
『ホテルの朝食に出てくるようなトロトロのスクランブルエッグを作る場合は卵を混ぜ続けますが、今日は少し食べやすいように混ぜ続けず、少し休憩を入れながら数回混ぜれば出来上がり!混ぜて線が描けるようにいなったら火を止めて余熱でOKですよ』と先生。
自分の家でスクランブルエッグを作るとついつい火を入れすぎて固くなりすぎますが、これだと簡単にとろとろスクランブルエッグが出来そう!

いよいよ、盛り付けて試食タイムです。 本日はワンプレートに盛り付けていきます。 『盛り付けのポイントは真ん中に寄せるように!隙間のある盛り付け方だとさみしい感じになるので』と、まずは先生がお手本を見せてくれます、その後皆さんで盛り付けて完成です。

いただきます!

『乾杯~!』シャンパンかと思いきや、ノンアルコールのシャンパンです。
脱アルコールワインと言ってワインと同じ工程で作られており、後からアルコールを抜く製法で作られているそうです。
味は本当のシャンパンみたいで美味しい!車で来る生徒さんや妊婦さんも多いのでと先生の配慮も嬉しいですね。

早速試食をしていきます!まずは『春にんじんと新じゃがのポタージュ』から『泡みたいにフワフワで美味しい!』と生徒さんからの声が上がります。
野菜の甘味と牛乳のコクが感じられるやさしいお味です。
ポップオーバーもさっくりモチモチに仕上がりました!このままでも十分おいしくパクパク食べれそうですが、とろとろスクランブルエッグやサラダをトッピングするとそれぞれ違う味わいで美味しい!

『ポップオーバーは保存できますか?』と生徒さんから質問『そのまま保存してしまうと水分が抜けてパサパサになってしまうのでジップロック等の保存袋に入れて保存すれば大丈夫ですよ』と先生。試食タイムは質問や日々の情報交換等和気あいあいとお話をしながらリラックスをして食事を楽しみます。お料理を習うだけでなく、このような時間も生徒さんにとって楽しみの1つです。

お待ちかねのデザートの『イチゴのフローズンヨーグルト』
『美味しい~!』ポップオーバーと合わせて食べるとまるでシューアイスみたい。
さっぱりとしたヨーグルトといちごが良く合います。こんなに簡単にフローズンヨーグルトが美味しくできるなんて驚きです。
これは色々なフルーツで試してみたい!

レッスンに参加された生徒さんの声

「明治おいしい牛乳」を使ったレッスンの感想をうかがいました!

◇以前から、「明治おいしい牛乳」はいつも購入をしていたのですが、新しいパッケージになって使いやすいです。冷蔵庫にスペースが無い場合、使いかけの牛乳の収納に困っていましたが、新パッケージだと横にして収納出来るので便利。

◇ポタージュ等を作る時、いつもブイヨンや生クリームを入れてコクを出していたのですが、今日のレッスンで作ったポタージュは野菜と「明治おいしい牛乳」だけでコクがあり、とても美味しかったです。

◇普段から牛乳はよく使うのですが、ポップオーバーのようなシンプルな料理は材料選びが決めてだという事を学びました、お家で作る時は是非「明治おいしい牛乳」を使って再現してみたいと思いました。