トップ 料理家(先生)を探す 長野パン教室 さん
長野パン教室 さん

お仕事依頼も受付中

長野パン教室 さん をはじめ、料理家の方々にお仕事の依頼もできます。レシピ開発・新商品開発・講師依頼・雑誌メディアへの出演など料理家を活用したプロモーションについてのお問い合せはお仕事相談フォームまで

名前 長野パン教室 さん
ジャンル パン 
活動拠点 北海道 石狩郡当別町
自己紹介文 家庭用のオーブンでプロのようなパン作り
をコンセプトに、お教室を展開しております。
手捏ねで、コースが終わる頃にはパンの気持ちが分かり、ご自分でレシピを起こせるまでになります。
2018.09.22

札幌近郊当別町パン教室:バゲットのクープが綺麗に割れるためにはまず生地作りが大切です

札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する長野妙子です。

【バゲットのクープがうまく割れません】と言うご質問がよく聞かれます。

 

たかが切れ目でしょう! と 思われるかもしれませんが

 

パックリ割れたクープはパン作りをされる方には憧れですよね。

クープが割れた時の感動・感激・達成感は今でも忘れられません。

 

思わずウルッときました。

 

私が何度も失敗した経験をお話ししてみたいと思います。

 

クープが綺麗に割れるためにはまず、 きちんとした生地を作ります。

 

しっかり捏ねた生地です。(ストレート法)

 

良くバゲットの生地はあまり捏ねません・・と言われますがこれはプロが、あの大きな

 

捏ね機で何キロも捏ねるのと、家庭用の捏ね機で捏ねるのとでは回転数や・生地にかかる

 

重力には雲泥の差があります。

 

オーブンの火力の問題もあります。

 

バゲットの生地はあまり捏ねません、 と言う言葉だけが独り歩きして定着したものと思います。

 

家庭でバゲットを焼く時はしっかりグルテンを出した生地のほうがクープが出やすいです。

 

グルテンチェックを必ずしてみてください。

画像はお借りしました。

バゲットは工程時間が長いためにグルテンがないとオーブンに入れる前に力が無くなります。

 

しっかりした土台がグルテンです。

 

どうぞ、お試しください。

 

パン作りテクニックを出し惜しみなく伝授いたします!

↑↑くわしくはこちらをクリック!↑↑

 

キッチンライフであなたの料理家としての活動、教室・ブログ・レシピを紹介しませんか?

使い方に困ったらこちら!!

メールマガジン

コンタクト

広告問い合わせ

ヤマサ×キッチンライフ

プロ向けレシピ検索サイト

和麦Cooking教室リレー

料理教室ランキング

家庭料理、おもてなし料理、ベーシック料理クラス、 天然酵母パンクラス、スイーツク......

教室拠点: 山梨県 甲府市

Japanese cooking class for foreigners in......

教室拠点: 東京都 中央区

パッセアターブルでは、初心者の方でも、おうちで気軽に何度でも作りたくなるフレンチ......

教室拠点: 宮崎県 宮崎市


開催中/開催予定イベント